2009年11月9日

11月9日(月)09、3回目のLyttonのアマンダのSointula Gardenへ。
懐かしいラマたちが、雨で濡れた体で出迎え。気温は5度。

標高700mに位置した農場は、もう雪化粧。畑へは、滑りそうな泥んこ...子供心が蘇りそうな土と体が、ことばなく交流し始めた感覚が良かった。

突然の寒波から守るために、ビニールをかけて即席のグリーンハウスとのこと。元気いっぱいのキャベツたち。

これが、スティックに切って、サクサク人参のように食べて畑のコーラビ。

畑は、来春のために藁をかぶせたり、雑草の種をまいて土の栄養分が流れないように、もう準備が始まっていた。美しい山間で、いい野菜が元気に来年も育ちますように。