2010年6月19日(土)快晴。15周年記念、第11回自然食の会が、久々に開催された。

おいしい野菜料理が勢ぞろいし、下手な英語で15年間の感謝のご挨拶。

まずは、生食を学んだ大輔から、贅沢にのり半分で野菜ラップ。お好みでアボカド、トマト、ひまわりの種の3種類のソースをつけて。

野菜ギョーザ、ぷるんぷあんのチャンプル、玄米餅の磯辺、蕗料理、納豆バーグ、スプラウトキノアサラダ…。

テンペのちらし寿司、紫キャベツのクルミ和え、大根餅、、漬物、ケール胡麻和え、ベイクドミレット&かぼちゃ、
大根の煮物など料理は、16種。

スピーチは英語でナンシーから、野菜の陰と陽について。

日本語は、いつもわかりやすいまり子さんのスピーチで、がん予防の5つのヒント。

40名ほどのお客様が、和気藹々、言語の違いを超え、おいしい野菜料理に集合。

どれもおいしいと言って下さっているのを聞き、一安心。作ってくれたスタッフのみんなに感謝いっぱい!

デザートは、お豆腐のチョコムース、抹茶豆乳プリン、フルーツジェロ、オレンジケーキ、ルバーブいちご・りんご・ブルーベリーの贅沢クランブルの5種。

食事の後、外では、オーガニックライフサークルの健康や有機農業や食品などに関する図書の販売も有りで、特価で、いい本に巡り会えたり…。

お疲れ様!で、記念撮影…湧き上がる感謝の思いいっぱいのこの日。小さな小さな一歩の積み重ねで、これからもよろしくお願いします。